EP82 エンジン不調!

今日は、スターレット EP82Tのエンジン不調修理です。

先週、エンジンの吹け上がりがなんとなく悪い? 低回転域トルクが無い?と言った症状で入庫しました。 まず、コンプレッションを測定してエンジン本体をチェック若干のバラツキは有るものの基準値、点火系・燃料系のセンサー類とA/Fを点検してみるとA/Fに異常な数値が!「17!?」薄すぎ・・・ プレッシャーセンサーを点検してみると電圧制御が出来ていないので交換することに、若干改善されたが、まだ、A/F比はダメ??

 

燃料系を徹底的に調べて見たが、これと言った原因は分からない・・・

新規のお客様で、この車両のチューニングデータが無いのでオーナーさんに色々と確認すると以前、全開走行時にフェイルセーフが働きエンジンの警告灯が付きHKS FCDを付けたと言っていた。 

怪しい!! 外してみるとジャストミートです。1番の原因はこれでした!壊れているようです・・・

 

プレッシャーセンサーかアクチュエーターの不良で、ブースト圧の制御にバラツキが出てフェイルセーフが働いていたんだろうと思われます。 

燃料フィルターを点検した時の状況です。

真っ黒の燃料が出てきました! 以前に1度だけ交換した様ですが車両自体は160000万キロオーバーなのでタンク内の汚れも凄いだろうな~

最初は、エンジン載せ換えで相談を受けていたのですが、話を聞いているとエンジンは異常なさそうだったので、車両を預かり作業をさせて頂きました。

小此木