タイミングベルト締め付け不良!

新規のお客様でエンジンからスゴイ音がするので診てくれとの事でお預かりしましたCS22Sアルトワークスです。

積載車で工場まで運び、ひとまずエンジンをかけて音を聞いてみようと思い、クランキングはするのですがまったく始動困難な状況になっていました。

まず点火は問題なし、燃料も来ている。となると圧縮?  測定してみると二番が殆どなく、エンジン本体の可能性が高いため下ろすことになりました。

本体を点検してみると、まずタイミングベルトの位置合せのマークがまったく合わずテンショナーが張られていない状態で、さらにクランクプーリーも手で仮締めのような感じでプーリーのノックピンが変摩耗してしまい、クランクとカムシャフトのタイミングがバラバラになってしまいピストンとバルブが当たってしまいバルブが曲がり、バルブが閉じなくなってしまい圧縮がなくなってしまったようです。当然ベルトなどのタイミングが合ってなければエンジンもかかりません。記録をみると今年の9月にベルトなどを交換してあるみたいです。

中古のエンジンが見つかったため、状態を点検し載せ変えて復活しました。

いつも慣れた作業だからと油断しないで気を引き締めなきゃなと改めて思う一台でした

たかはし。