4G92エンジン

エンジンオーバーホール中の、ミラージュ CJ4A コンロッドベアリングの焼着きによりクランクシャフトの歪みが発生してしまい、クランクシャフトを新品交換になり、部品入荷した後、シリンダーブロックと組み合わせた状態で、バランス取りをしました。4G92エンジンは、ブロックと組み合わせた状態でバランスを取り直した方が、高回転でも安定して良くまわるエンジンになる。 

 

シリンダーヘッドは、バルブ摺り合せ中、バルブのアタリ具合を光明丹を塗布して確認してます。そして、アタリ面の悪い部分を調整します。

この作業が、完了すれば、ブロック(腰下)から組上げで、エンジン組立てが終了します。

もう少しで、完成です。           By 黒沢