レストア TE27編

★ パックアール勤務歴12年目の高橋メカニック(通称 サトシ)のお仕事を紹介!!サトシ君は、自らケンメリ・スカイライン、ホンダ・Zを所有してい事も有る旧車好きです。
当社駐車場の片隅に放置してあり、鉄くずになりかけていたTE27が毎日サトシ君に呼びかけていたそうです(早く直してくれ??)
我慢できなくなったサトシ君、「店長 あの〈27〉復活させたいのですが!!」
そして、復活に向けてのチャレンジが開始!

レストア開始

エンジンを降ろしていよいよ開始!

仕事の合い間を使って5ヶ月で完成!

エンジンを降ろし中

バラして行くと凄い事になっていました

エンジン、錆だらけ・・・

シリンダーヘッドとブロックを分離した時は、ホントに治るかが心配でした。

ブロック下部オイルパンを外した状態

完全に錆び付いた3番シリンダー・・・

どうにかピストンが外れた!良かった(笑

こっこれは・・・毒キノコ??

インテークとエキゾーストのバルブどうにか使えそうだ!

純正ピストンなど入手出来ないのでどうせならイナゴピストンで!

数ヶ月後、綺麗になりました。研磨、サンドブラスト処理でここまで復活です。

ピストンとコンロッドを組む前

燃焼室の容積を測定中

シリンダーヘッドも軽く磨きました

EX&INバルブもこの通り復活!

いよいよキャブレターに着手 右はO/H後

勿論、O/Hキットは有りますよ(笑

エンジン組立て完了!綺麗になりました。

そして、待ってました、久々の母体へ帰還!

ボディもこんな状態になってたので・・・

こんな感じて修復しました。

エンジン始動中!キャブの吸気音は最高ですね!

そして、サトシ君の笑顔も最高!!お疲れ様でした!
エンジン始動!点火時期・タイミング・キャブレタージェット調整をして、運転に行った後のサトシ君
完全に動かなくなり長年放置されていた車を、復活させるといった良いチャンスをお客様から戴きました。最初は本当に動くようになるか不安もありましたが、ばらして行くうちに基本的なメカニズムを再生させる為の様々な発見があり、現行の車には無いおもしろさもあったので勉強になりましたね!
今回の作業で強く感じた事があります。それは壊れたモノには必ず原因があり、そして治す事ができると改めて知った1台でした。チャンスが有れば、またやってみたいですね!

群馬県高崎市で、ラリー競技、サーキット走行、クラシックカー車両を中心に、整備、チューニング。AP.Rally販売店