締め付けトルクの管理。

以前は整備書に有るとおりヘッドボルトなどを締め付ける時はエンジンオイルを塗って締めていました。

オイルでも狙ったトルクで締め付ける事はできるのですが、たまに渋いねじ穴などがあると修正のためにやり直す事もまれに有りました。

ですがこのコパスリップという銅グリスを塗って締め付けるとスムーズに締め付けられ高トルク時のギチギチギチッといういやな感じもなくかじりも皆無で非常に優れものです!

簡単なところではハブボルトに塗っておくとアルミ軽量ナットを使っている人は痛みが軽減されていいですねー

たかはし。

ORCクラッチキット

先週、カーボンクラッチが終わってしまったランサー Evo9 GTの作業が再開です。

オグラ製(ORC)のツインメタルクラッチORC659モデルを注文したら、欠品中・・・

納期が一週間も掛かってしまいました(泣

以前の変換キットが必要なプッシュ式から純正レリーズB/Gが使えるようになり価格も安くなりオススメですね! 

 

CT系に装着するのは2台目ですが、メタルクラッチの独特な乗りづらさは全くなく、シフトチェンジもシャープな切れ味です。

タイム狙ってる方は、シフトチェンジのコンマ何秒も無駄にしたくないですねかね。

ツインプレートなので、センター(芯)出しSSTを使って取付ます。

最後に、クラッチペダル位置を調整をして完了!

小此木

ヒーターコア

ダッシュボードが外され、室内側から現れたCD9A Evo1くんのヒーターコアです。

エンジンから熱されたクーラントが送られてくるのでコア入口部分の方が劣化が早いのでしょう。

新品部品がメーカーに在庫が有ったので一安心しました。もし、廃番になっていたら、中古か破損したジョイントの部分を作るしかね~か? なんて考えていたので(ふっ~

明日入荷する予定です。新品は12400円でした。

小此木

水漏れ・・・

ランサー CD9A エボ1の修理を始めました。

先週金曜日、室内がLLC臭くフロントウィンドが蒸気みたいなモノで時々き曇る!?といった症状で来店され、早速点検すると、バルクヘッド部のヒータコアホース口(樹脂製)が経年劣化で割れ始め、そこからブチブチと室内に流れ込んでいた(ウワ~泣・・・

ホースを抜いたら砕けて出てきた! マズイぞ~元に戻らない・・・・しかも、タイミングが悪く代車が無い・・・(汗

ヒーターは効かなくなるが、応急処置でコアをジャンプさせ一旦乗って帰って貰うことに<m(__)m>

代車も用意できて、本日お預かりしたので、ダッシュパネル外し開始です(汗

小此木

簡単に直って欲しいが・・・

会社の駐車場に数日放置していたらエンジンがかからなくなった!と、電話が有り引き上げに行って来ました。 車両はマークⅡ JZX90 ツアラーV

バッテリーも弱っていたので、まずは充電開始。セルスターターは元気に廻るが・・・ 点火・燃料系?などと予想をしながら、リレーボックスのEFIリレーを外し端子の部分を清掃して、セルを廻してみると、エンジンかかった(笑   

暫くエンジンをかけて各部をチェックして、問題なければすぐに返せるのだが、世の中ってそんなに甘くないのです・・・

様子見で2時間ほど放置して、再度セルを廻すとエンジンかからない! 再びチャレンジします。

修理代が予算オーバーすると、エコカーに変身してしまう・・・ 財務大臣からの通達が有ったらしい(オクさま~勘弁して~泣!

オーナーさんはまだ乗りたいと言っているので頑張らなくては(汗

小此木

ヤバかった・・・ヒロ号

メンテが欠かせない富沢ヒロ Evo6の作業です。

練習と本番の繰り返しでマシンの痛みも多くなるのは仕方がない! 本人が出来ることは極力やらせておりますが、本業が忙しい時は手助け致します。

先週、クラッチペダルのミート位置がかなり手前になり交換しようと思ったのだが、クスコ ロケットクラッチが欠品中で納期が週末に・・・・が、しかし、全日本ラリー「ハイランドマスターズ」のゼロカーを頼まれていたので、SSでのスタートはスローで騙し×2走りどうにか持たせて帰って来ました(汗・汗

 

今日、クラッチを分解してみると、間一髪ってとこでした(アブね~

今週末は、東日本ラリー選手権第7戦 TR8ラリーが有るので、これで不安要素なく思い切りアクセルを踏んでこれるかな!?

今週のラリーでチャンピンを決めたいのだが・・・・

結果は24日(日曜)です。 お楽しみに!

小此木

5代目オーナー!

今日は、ミラージュ アスティ CA4Aが車検整備で入庫して来ました!

このアスティは、物凄くウチと縁が深いのです。かれこれ十数年前にS氏が中古車で購入し、ジムカーナ仕様に仕上げ、群馬戦に参戦してました。その後、チーム員の若手A氏が引き継いたが金欠病でメンテ出来ず、I氏に売り渡されラリー仕様に変更され3年程乗ったが車両変更の為、現オーナーさんS2氏が3万円で購入。今、ラリーに出場する事を目標にして頑張っております。

オーナーさんが4人変わっても、ず~~っとウチでメンテやらせて頂いております(感謝

作業カルテも残っているので、整備アドバイスがしやすいですよ(笑

小此木

皿ネジ切断・・・

昨日、トランスファー降ろしを始めたEvo6のデフが分解されました。

やはり、皿ボルトが4本全て折れてました(泣

この症状を抱えているランエボⅥオーナーさんは多いだろうな!ディーラーなどで修理代を聞いてビックリ!!!なんでしょう。普段乗りだけでしたら、異音を我慢すれば走れていまうので。

 

 

そして、分解・洗浄をして行くうちに感じたのが、過去に同じ症状で修理した中では、今回のセンターデフが1番痛んでいる感じです。

オーナーさんも暫くの間乗っていたと言っていました。

ヘリカルギアの摩耗が多く、オイルにもスラッジが通常以上に含まれていました。スポーツ走行を前提に走るのであればメカ式に交換することをおススメ致しますが、大半が通勤やドライブで使用しているのであればボルトを入替て修理すれば問題ないと思います。

この症状に見舞われた方の選択肢は!

①大半が通勤やドライブでハイグリップタイヤなどは装着しない(皿ボルト交換45000円前後)

②スポーツ走行で楽しんでいる(メカ式LSDに交換15~30万前後)

③また同じ症状を覚悟で中古品を探す(タマ数が非常に少ないが)

④新品純正部品ASSY購入「対策品になっております」(32万円前後)

今後の使用目的を考えて決めた方がよいでしょう。さて、貴方ならどうしますか? 

小此木

またセンターデフかな?

ステアリングを右に切り込むと「ゴトン・ゴトン」と異音がする症状で入庫して来た、ランサー エボ6 CP9Aさんの作業開始しました。

今月月初めに同じ症状で修理した、トランスファーデフケースのボルト破損と全く同じ症状です・・・

今回のオーナーさんは三菱ディーラー2件を廻ってアッセンブリ交換(32~33万円)かリビルト品(28万円)しかないと言われてネットで検索したら、ウチのブログを発見!!早速、修理することになりました。

ボルト破損だけなら部品・シール類・オイル・工賃・消費税込みで48000円前後で済みますので、そう願います(祈

小此木

強化ストラットマウント

そうそう、アップするの忘れてました(汗

ショックと一緒にフロント/ストラットインシュレーターも強化品に交換しました。ラリーアートから純正品に移行した強化品です。ランサーCT・CP9A/ミラージュCJ4A用

ラリーアート品番RA403282K1 (完売) → 純正品番 MN580143 (強化品)

競技用強化ブッシュ・マウントなどは、これから純正品に変わって行くみたいですよ。

先日も、CT9A用のリヤデフマウントを純正品番で取り寄せました。

小此木