まさか・・・(泣

フロント ブレーキのメンテナンスで来店された、インプレッサ GC8 D型さん!

ブレーキキャリパーを分解して、キャリパーの状態をチェック、洗浄、シール類を組替えてO/Hも無事に完了!

最後に、ブレーキフルードを入れ替えて、オシマイです。

 

 

そして、追加作業で、オイル交換も!

ところが、M/Tオイルのドレンからオイルを抜いていると、固形物が「ポトッ!」

えっ??? まさかの、ギア破片が・・・・(泣

明らかに、ファイナルギアの歯の一部です! これが、タイミング悪く噛みこんでしまった事を想像するとゾッとします。

そのまま、お預かりになりました。

小此木

燻り感!

エンジンの吹け上がりが悪い!と、来店されたインプレッサ GDB F型さん!

早速、確認の為、試運転にGO

確かに3~4000RPM付近で失火しているような症状が出ております・・・

点火系から、点検開始です。

 

プラグは、半年前に交換済み、コイルも9万キロなので怪しい!?

一応、診断機でエアフロメーターの数値を確認! んっ、なんか変な感じが。

原因は、エアフロメーターでビンゴでした。 エアフロにしては珍しい症状です・・・(泣

そして、ヘッドカバーのプラグホールからオイルが滲み、プラグに付着していたので、ガスケットも交換しました。

次回のメンテは、タイミングベルト交換かな!

小此木

戦闘準備!

先週の日曜日にお返し予定だった、トライアンフ TR4A IRSさん!

まだ、店にある? 納車前に問題が・・・・

水温計が温度低いのにHに振れてる! エンジンオイル漏れ大! ウォーターバイパスホース切れ!

うゎ~~なんで・なんで~(泣  

 

購入後、ほとんど乗らずに入庫して来たマシーンですので、ここに来て膿が出たのか!

でも、ポジティブに考えましょう! ラリー中でなくて良かったってことで (笑

水温計は、ボルテージスタビライザーの接触不良、オイルは、オイルパンG/Kから、ウォーターホースは新品交換してトラブル解消! MOTULのクラシックオイルフィーリングバツグンです!

そして、ラリー規定の小物も全て準備万端! 戦闘準備が整いました♪

日曜が楽しみだ~♪

小此木

赤い液体!

会社帰りに突然、パワステから異音が!

徐々に、ステアリングが重くなり、ボンネットを開けてエンジンルームを確認すると、赤い液体まみれに・・・(泣

近くに有った、量販店でパワステフルードを購入し、注ぎ足しながら、どうにか店まで辿り着いたセリカ GT-Four ST205さん!

 

パワステのリターン側のゴムホースが、劣化して穴が空いていたのが原因でした。

フルードが無くならないように、対処したので、幸いポンプの破損まではいかなったので、良しとしましょう!

ここ数年、突然のトラブルに強くなって来たオーナーさんです!(笑

小此木

クラシックカー専用オイル!

~50、60年式のクラシックカーに最適なエンジンオイル(鉱物油)の取り扱を開始しました!!
MOTUL CLASSIC OIL シリーズは、国際クラシックカー連盟(FIVA)唯一の公認オイルで、紙やコルクなど繊維質のガスケットにおけるオイル漏れなどクラシックカー特有の問題を解決し、MOTULが誇る最新の潤滑油技術を1950年以前・1950年代~1960年代・1970年以降の3つの時代の車輌向けに最適化した正真正銘のクラシックカー専用オイルです。

CLASSIC OIL 20W50は、1950年代から1960年代における車輌の最もスタンダードな粘度設定であり、シーズンを選ばずにご利用いただけます。低温時の分厚い油膜は、エンジンクリアランスの広いエンジンでも低温時の密封性能を高めます。

ゴム製ガスケットが普及し始めた1950年代から1960年代の車輌への使用を考慮した設計により、ガスケットからのオイルの滲みを完全に防止しつつ、エンジン内をきれいに保ちます。

[品名]
CLASSIC OIL 20W50

[特長]
ミネラル

[SAE粘度]
20W50

[適合]
1950年以前のヴィンテージカー・クラシックカー
BMW・ハーレーなどのヴィンテージバイク・クラシックバイク
博物館展示車輌

荷姿 2L  販売価格 4,600円(税抜)

ラリー前の!

来週の群馬ラリー選手権、あさま隠山岳ラリー2015に参加する、2台のマシーンが入庫中!

奥は、ランサー Evo6 シマ号、オイル交換と各部を念入りにチェック中!

初戦は、総合優勝しましたので、今回も高ポイントをゲットして、後半戦を楽に戦いたいところですが・・・

手前は、トライアンフ TR4Aさん! ラリー出場に必要な装備品の仕上げです!

 

オーナーさんの要望も有り、お手持ちのハルダ トリップメーターも取付完了!

メーターケーブルを加工して、実戦でも使えるようにしました。

トリップメーターが「カチャカチャ」と、回転する作動音がタマラナイですね~(笑

楽しんで来て貰いたいですね♪

小此木

ラストスパート!

大会が迫ってしまった、トライアンフ TR4A 1965年さん!

本当は、1週間前に納車予定だったのですが! ちょいと、すったもんだありまして・・・・

大口径フグランプが、本当にお似合いです♪ 

当時使われていたランプと言うよりも、明るいランプを付けてくれ~! との、要望でしたので、AP.Rallyを装着させて頂きました。

 

そして、スペースやフロアの落し位置の関係で、四苦八苦してしまった、ロールバー!

これが、付いてないと、ラリー競技には出場できません・・・

ワンオフ品の、7点式 40パイ J項 ダッシュボード貫通で仕上げました。

ルーフが簡単に脱着可能なのが良いですね!

 

リヤ横バーには、JAF規定でもある、シートベルトアイボルトが付けられるように、タカナットとパイプに貫通させて、ロングタイプのアイボルトを付けて、4×4ベルトを取付します。

2シーターマシーンは、この取付方法が理想ですね!

オーナーさん、今週末にはお返し致しますので、もう暫くお待ち下さ~い

小此木

昔のラリーマシーン!

ここ数年、来店される機会が徐々に増えて来た、ラリーベースのマシーン!

今日は、ランチア フルヴィアクーペ ラリー1.6L HFさん! 196?車 

世界ラリーを盛り上げて来た1台と言っても過言でもないでしょうね!

お友達に、紹介され新規で来店されました。

 

購入後、低回転域のバラツキが気になり、オーナーさん自ら、キャブ廻りを点検してみると、ソレックスとINマニ間のインシュレーターにクラックが・・・(泣

そこから、エアを吸ってしまっていたようです。

そして、部品が届いたので、パーツ持込での交換作業となりました。

とても、綺麗にレストアされ、状態の良いマシーンでした♪

小此木